クリスマスの定番!シュトーレンの作り方!【レシピ】【動画あり】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

妻のパン作りを記事にしてみたシリーズ2本目です。

本当はクリスマスよりも前に記事をアップしたかったのですが、まさかの年越し直前。ままならないものですね。

さて、今回のパンはシュトーレンです。

「キリストのゆりかごの形」や「キリストを包んだ毛布」という意味があり、クリスマスの定番となっているパンです。

卵や砂糖、バターが多くリッチ生地ということもあり生地自体は扱いやすいかと思いますが、フルーツやナッツ類を均等に混ぜ込んだり、生地を丸く整えるのは結構大変かもしれません。

焼いたあと、表面にたっぷりのバターを染み込ませ、砂糖でコーティングすることで日持ちが良くなるのが特徴です。

シュトーレンの食べ方は日持ちすることが前提で、クリスマスに向けて少しずつスライスして食べていくスタイルとなります。

目次

シュトーレンの材料

強力粉: 100g (62.5%)

薄力粉: 60g (37.5%)

※粉類(強力粉 + 薄力粉)で べーカーズパーセント 100% となります

インスタントドライイースト: 3g (1.9%)

砂糖: 30g (18.8%)

塩: 3g (1.9%)

卵黄: 1個 (約20g) (12.5%)

牛乳: 75g (46.9%)

無塩バター: 40g (25%)

ラム酒漬けレーズン: 30g (12.5%)

オレンジピール: 30g (18.8%)

アーモンド: 30g (18.8%)

かぼちゃの種: 15g (9.4%)

ヘーゼルナッツ: 15g (9.4%)

シュトーレンを作る手順

STEP
強力粉、イースト、砂糖、塩を軽くかき混ぜる
強力粉・砂糖・塩・イースト
強力粉・砂糖・塩・イーストをかき混ぜる
STEP
卵黄、牛乳を加えひとまとまりになるまで混ぜる

粉がある程度混ざったら、卵黄を加えます。

粉に卵黄を加える

牛乳も加えます。

粉に牛乳を加える

粉と、卵黄・牛乳を混ぜていきます。

粉と卵黄と牛乳を混ぜる
STEP
粉気がなくなってきたら台に出して捏ねる

ボールの中で粉気がなくなるぐらいまで捏ねます。

ボールの中で生地を捏ねる

粉気がなくなってきたら、生地をボールから取り出します。

生地をボールから台に出す

生地を捏ねていきます。

生地を捏ねる
STEP
無塩バターを加えて更に捏ねる
生地にバターを加える
生地にバターを加えて捏ねる
STEP
生地を四角く平らに広げ、具材を加える

生地が滑らかになってきたら、生地を四角く平らに広げラム酒漬けレーズン、オレンジピール、ナッツ類を加えます。

生地を四角にする
生地に具材をのせる
STEP
具材が全体に行き渡るように捏ねる

生地を巻いていきます。

具材をのせた生地を巻いていく
具材をのせた生地を巻いていく

具材が生地全体に行き渡るように捏ねていきます。

具材入りの生地を捏ねる
STEP
表面を綺麗に張らせた状態でボウルに入れ一次発酵 36℃で40分
生地を丸める

生地をボールに入れてラップし、一次発酵させる。

生地をボールに入れてラップする
STEP
一回り大きくなっていたらフィンガーテスト
生地をフィンガーテスト

生地の穴がそのまま残ればOKです。

もし、発酵が足りない場合は穴がすぐに塞ります。また、過発酵の場合は生地が萎みます。

生地をフィンガーテスト
STEP
パンチ(ガス抜き)

一次発酵が問題なければ、拳を生地に5、6回程度押し付けて、パンチ(ガス抜き)します。

生地のパンチ(ガス抜き)
STEP
麺棒で縦長の楕円状に伸ばす

綿棒で生地の平らに伸ばします。

綿棒で生地を平らに伸ばす
STEP
生地の真ん中辺りを少し麺棒で抑え
生地の真ん中あたりを綿棒で抑える
生地の真ん中あたりを綿棒で抑えた後
STEP
生地の上下のを少し内側に折り込
生地の上部を少し折り込む
生地の下部を少し折り込む
STEP
手前から生地を半分に折り畳む
生地を半分に折り畳む
STEP
天板に乗せて二次発酵 36℃で35分
一次発酵前

ひと回りふんわりしていればokです。

(↓の写真は、室温が低くて発酵が甘かったかも?)

一次発酵後
STEP
オーブンを210℃に予熱し、22〜27分ほど焼く
シュトーレンの焼成後
STEP
熱いうちにバターを全体に塗る
シュトーレンにバターを塗る

ひっくり返して裏側にもバターを塗る

シュトーレンの裏側にバターを塗る
STEP
最後の仕上げに粉砂糖を振りかける
シュトーレンに粉砂糖を振りかける

ひっくり返して裏側にも粉砂糖を振りかける

シュトーレンをひっくり返して裏側にも粉砂糖を振りかける

さいごに

前述で説明した手順の一連の流れの動画は下記のものです。

口頭での説明はありませんが、手捌きなどの参考にしていただければと思います。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる