妊娠についてパートナー(妻・夫)とよく話し合おう

2018 3/04

妊活を成功させるためには、夫婦やパートナー同士で、お互いの意思を確認するためによく話し合うことが大切です。

妊活を成功させるには二人ともが「妊娠したい」という強い意思があることが絶対条件です。

そのうえで、必要な検査や生活習慣などの改善をしていくことになります。

お互いに「赤ちゃんがほしい」と心から願っていなければ、妊娠するためのあらゆる努力を続けることは困難です。

まずは二人でしっかりと話し合い、意思の確認をしあうことが必要です。

目次

「子供がほしい」のは自分だけではない

妊活中の女性にとって、なかなか妊娠できない自分責めてしまいがちです。

そんな中、夫婦やパートナーがお互い仕事ですれ違いがちの生活になると、「子供がほしいのは自分だけなのでは」と孤独感を感じてしまうことがあります。

男性は感情的な言葉を伝えるのが苦手です。

妊娠を焦る気持ちをまずは抑えて、一度ゆっくり二人で話し合う時間をとってみましょう。
子供がほしいのは自分だけではありません。

改めて二人で話し合うことで、相手の意外な気持ちに気づかされることがあります。
ぜひ、そのときに確認してほしいことが、以下のものです。

  • 「(いつ)までに」子供を産むと決めない
  • 友人や親せき夫婦などと比べない
  • 子供が生まれるまでは二人の時間を楽しむ

他の夫婦やパートナーと比べない

「友達夫婦に子供ができた」「兄弟に子供が生まれた」というニュースは、妊活中の女性をあせらせる要素の1つです。

一つ一つに反応していては、気持ちが持たなくなってしまいます。

妊活において、周りと比べることは、よくないことしかありません。

妊活を考える女性は、将来生まれてくる子供のことをたくさん考えてあげられる優しいお母さんになるはずです。

妊活を頑張るほど、子供を思う時間が増えるのはとても幸せなことなのです。

二人の時間を大切に

「子供ができなくても今が楽しいからいいや」と思えるくらい、二人の時間を楽しんでほしいです。

たくさん二人でいろんな話をして、一緒に楽しめることを見つけましょう。お互いへの感謝の気持ちを忘れずに、二人で妊活を乗り切ってほしいと思います。

妊活は、「子供がほしい」というお互いの意思を確認しあうことからはじまります。お互いを認め合い、協力し合うことは、妊活を乗り越えるための大きな支えとなります。

目次
閉じる