日本国召喚は異世界を舞台にした戦国自衛隊!そんなん面白いに決まってるやん?

いやー面白いですね!日本国召喚は!

日本国召喚を知ったきっかけはピッコマで日本国召喚の漫画版を読んだからなんですが、漫画版の冒頭だけではそんなに引き込まれるものはなかったんですよ。

「まー異世界転移ものだよなー」ぐらいにしか思ってなかったんです。

とはいえ、コミカライズされるぐらいには面白さが担保されているっていうのは一つの目安ではあるので、暇つぶしにWEB版の小説である「日本国召喚|小説家になろう」の方を読んだんですよ。

そしたら、がっつりハマってしまいまして、21時から次の日の4時までぶっ通しで一気に読んでしまいました。

目次

あらすじ

まずはあらすじを引用しましょう。

日本はある日、異世界へと転移してしまった。
食料自給率が低く、諸外国からの輸入に頼っていた日本は、食糧難の危機に直面する。
国民を飢えさせないために、日本政府はただちに非常事態宣言を発令。
航空自衛隊は付近を探索し、南西約1,000km先に『ロデニウス大陸』を発見する。
大陸に存在する『クワ・トイネ公国』『クイラ王国』との国交締結により、日本は窮地を脱した。
それも束の間、大陸にもう一つ存在する覇権国家『ロウリア王国』が、『クワ・トイネ公国』『クイラ王国』に対し宣戦布告。再び訪れる危機に対し、日本はどう動くのか?
生き残りをかけた、国家サバイバルの行方は――

日本国召喚|小説家になろう

はい!この設定!もういい感じでしょ!

タイトルからも察しはつくんですが、日本自体が異世界に転移するわけです。

これのなにがいいって、「異世界×自衛隊」や「タイムスリップ×自衛隊」といった、ファンタジー・SF作品における自衛隊の補給問題を解消してるってところです。

いくら最新機器を装備してる自衛隊でも、備品を欠いたら戦力激減ですからね。

「だったら、国ごと転移させてまえばええやろ!」という潔さがいいですねー。

戦記物に振り切っているのが良い

「日本国召喚」のなにが一番良いかっていうと、戦記物に振り切っているところなんですよ。

異世界に国ごと転移しちゃう設定をみると「国内の混乱の描写」や「インフラは?食糧問題は?経済は?どうなるんだ?」とか色々と想像が膨らみますよね?

はい!そんな描写一切ありません!

日本人の一般人のリアクションはほぼ皆無!

日本国召喚は、基本的に異世界人側の視点から「新興国家がでてきたから、見定めるために視察でもしてやるか」というスタンスで描写されます。

そのため、異世界の国との外交がメインで描写されます。

日本は異世界に対して配慮しまくるのですが、異世界の文化レベルは中世的で覇権国家が侵略戦争を仕掛けてくるような状況のため、日本の対応は舐められ侮られ相手にされません。

そうして、日本は外交が結局うまくいかず、戦争を仕掛けられてしまうというのが毎度の流れです。

やってることは「俺TUEEE系」

いわゆる「俺TUEEE系」なんですよね。

自衛隊の補給問題は解消されているため、最新機器を使って異世界の軍艦を殲滅しまくって、危なげなく勝利しまくります。

国内の生活の描写はほぼありませんが、輸入問題は異世界の国との国交で解消しているため、自衛隊の補給問題は解消されている様子です。

そのため、砲撃し放題。相手の射程圏外からの砲撃で無双状態です。

これがまぁ小気味良いこと。

なにせ、日本は新興国家の蛮族と侮る描写が多数ありますからね。

そのあとに無双しまくるのはスカッとします。

ちなみに、「日本国召喚」の日本の外交は相手に配慮しまくっていて謙虚なので、無双して調子に乗りまくる「俺TUEEE」の意味とは厳密には違います。

が、しかしやってることは大差ありません。

 「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」と比べて良いところ

「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」(以下GATE)も異世界で自衛隊が活躍する話です。

「GATE」のあらすじを以下に引用します。

私は「GATE」はアニメ版しかみていないので、アニメ公式サイトから引用します。

8月某日 東京 いつもと変わらないはずだったその日。
東京・銀座に異世界への「門(ゲート)」が忽然と現われた。
門から続々となだれ込んでくるモンスターの軍勢を撃退した陸上自衛隊は、門の向こう側の「特地」に進出。
現地住民との接触を開始する。
第三偵察隊を率いるオタク自衛官・伊丹二等陸尉は、「特地」を探索中に巨大な炎龍が集落を襲う場面に遭遇。
生き残ったエルフの美少女を助けたことで、異世界の住民たちと交流を深めていく――。
モンスターとの戦闘や現地住民との交流を通して、伊丹は「異世界」とどう向き合っていくのか。超スケールエンタメファンタジーの門(ゲート)が、今、開かれる!

ストーリー STORY | TVアニメ『 GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 』公式サイト

「GATE」は銀座の異世界に繋がる門を潜ることで異世界に移動することができる設定です。

この設定で「GATE」も自衛隊の補給問題は解消されています。

日本国召喚はGATEよりもキャラに癖がない

「GATE」の主人公はオタク趣味の人間という設定です。

そのため、オタクが反応することで物語を動きやすくするギミックとしてか、ゴスロリ少女などの特徴的なキャラが主人公の周りに配置されています。

一方、「日本国召喚」にはこれといった主人公キャラはいません。

言うなれば、日本という国が主人公です。

「日本国召喚」で感情豊かなのは異世界人のキャラが多く、日本の定番キャラは外交官一人ぐらいです。

「日本国召喚」はキャラの魅力を掘り下げることはせずに、淡々と話が進んでいきます。

日本側は淡々と対処していき、それに対して異世界人が大仰にリアクションする、という具合です。

アニメやラノベ特有のキャラの癖は作品ごとに合う合わないがあるので、結構博打になりがちですが、「日本国召喚」についてはそういったキャラの癖がないので私は好んで読み進められました。

WEB小説は「小説家になろう」と「筆者ブログ」の2つ

原作のWEB小説は「小説家になろう」と筆者ブログ「くみちゃんとみのろうの部屋」で読むことができます。

ブログの方で先行して新作が公開され、誤字脱字を修正したのちに「小説家になろう」に掲載されます。

私も、続きが気になりすぎて、ブログの方に飛んで続きを読んだ口です。

書籍版は大幅に加筆されている

WEB版でも面白いのですが、書籍化された方を読むと「WEB版はダイジェストかな?」と思うぐらいにボリュームが増えています。

書籍の1巻は文字数が5万字(WEB版)から16万文(書籍版)に増えているそうなので、相当な加筆量であるということが伺えますね。

私は「小説家になろう」を全部読み、ブログに掲載されている分も読んだ後も読書熱が冷めなかったので、書籍を全部(1巻〜6巻)購入しました。

いやもう「初めから書籍版を読んだら効率的だったのに!」と思いましたよ。ほんと。

漫画はピッコマで無料で読める

漫画版はピッコマで無料で読めます。

ピッコマは「待てば¥0」という仕組みで、24時間ごとに1エピソードを読むことができる仕組みになっています。

そのため、時間をかければ全部無料で読むことができます。

流石に、最新刊のエピソードはすぐには無料にならないので、最新刊の一つ前の間までなら無料で読める、という感じです。

日本国召喚関連のリンク一覧

小説家になろう

筆者ブログ

書籍

ピッコマ

コメント

コメントする

目次
閉じる