なぜAndroid証明証の有効期限は2033年10月22日以降?

2019 7/14
携帯OS教科書Androidアプリケーション技術者ベーシックの表紙

Androidアプリケーション技術者の問題集には Android Market にアップするためには Android 証明証の有効期限を20033年10月22日以降に設定する必要があると記載されています。

また、10000日以上の有効期間であること、とも記載されています。

しかし、なぜ20033年10月22日以降にする必要があるのかは説明されていませんでした。

Android Developer Guide を調べてみたところ、以下のよう記述がありました。

2033年10月22日以降の期限に設定する必要があります。マーケット サーバーは、新バージョンが公開されたときにユーザーがマーケット アプリケーションをシームレスにアップグレードできるよう、この要件を義務付けています。

Android Developers アプリケーションへの署名

アプリケーションまたはアプリケーション スイートの予期される使用期間を超える有効期間を持っている。有効期間として、25 年以上を推奨します。

Android Developers アプリケーションへの署名

有効期間は25年以上、という数字が出てきました。

これはつまり、あれですね。

Google Play (旧: Android Market)の開設日が 2008年10月22日なのと関係してますね。きっと。

2008年10月22日の25年後である2033年10月22日が基準として定められたんでしょう。おそらく。

目次
閉じる