妊娠しやすくするために必要な栄養素とは?

2018 3/04

毎日の食事内容を振り返ってみたとき、1日3食バランスよく食べれているという自信があるという方は少ないのでないでしょうか。

忙しい日々の中で、どうしても栄養素が偏りがちになってしまうことがあるでしょう。

妊娠しやすい体を作るためには、若々しく、特に健康な状態であることが望まれます。

必要な栄養素を偏りなく摂り、さらに妊娠しやすい体を作る上で必要な栄養素をプラスして摂ることで、妊娠しやすい健康的な体を作ることができます。

目次

食事で摂りにくい栄養素はサプリメントで効率的に摂る

サプリメントは、それ単体だけでは生命活動を維持するために必要な栄養素を取ることはできず、あくまでも1日3食の食事をきちんととることが基本です。

サプリメントの役割とは、毎日の食事にくわえてサプリメントを摂ることによって、食事だけでは十分に得られない栄養素を補うことにあります。

たとえば、妊娠したい女性は積極的に摂ってほしい葉酸の場合、ホウレン草やブロッコリーなどに多く含まれています。

こうした野菜類は、たくさんの量を食べることはなかなか難しいものですが、そんな時に役立つのがサプリメントです。

同じ栄養素を食事で摂取するよりも若干吸収率は落ちてしまうものの、必要な栄養素だけをピンポイントで補いたい場合には大変効率的です。

バランスのよい食事の中に、特に必要な栄養素が多くなるように工夫をしたり、三食きちんと手作りの料理で賄うのは大変、という場合、サプリメントは摂る時間も場所も限られないうえに手間がかからず、とても手軽です。

また、ビタミンCなどの、加熱調理すると水に栄養素が溶け出してしまいやすい水溶性ビタミン系の栄養素は、食事で取り入れるよりもサプリメントで摂る方が無駄がなく、おすすめです。

妊娠したい人におすすめの栄養素

葉酸とビタミンB12

妊娠したい人におすすめの栄養素と言えば、まず葉酸です。

葉酸には、妊娠の大敵である、貧血を予防してくれる効果があります。

特に、赤血球が巨大化することによって各臓器に吸収されにくくなってしまう悪性貧血になるのを予防してくれます。

一口に貧血と言っても、最も症状が多く見られる鉄欠乏性貧血(血中のヘモグロビン量が低下した状態)のほかに、様々な種類があり、この悪性貧血もそのうちの1つになります。

葉酸を摂る上で、ぜひ合わせて同時に摂っていただきたい栄養素が、ビタミンB12です。

このビタミンB12は、葉酸と同じような働きがあり、どちらかが欠けても十分な効果を発揮できません。

葉酸とビタミンB12は、どちらも正常な赤血球を作るのに欠かせない栄養素です。

ビタミンCとビタミンE

ビタミンCとビタミンEは、どちらも人が若々しくいるために必要な、抗酸化作用のあるビタミンです。

よく知られている効果としては、コラーゲン生成を促進したり、肌のターンオーバーや新陳代謝を高める働きなどがあります。

そうした、“若返りビタミン”としての効果が有名なため、美容に特化したビタミンとして広く認知されています。

さらに、ビタミンCとビタミンEは、美容に関する効果だけでなく、妊娠力を高めるためにもとても重要な役割を持っているのをご存知でしょうか。

ビタミンCは、葉酸や鉄分などの貧血予防によいとされる他の栄養素が吸収されやすいようにする効果もあり、貧血の予防にも効果的です。

葉酸や鉄分をサプリメントで摂ろうと考えているのであれば、同時にビタミンCのサプリメントも摂るようにすると、葉酸や鉄分の働きを助けてくれ、効果を実感しやすいです。

ビタミンEは、女性ホルモンを活性化させる働きがあり、かつ妊娠力を高める子宮や卵子、卵巣機能などの老化防止の効果もあります。

食品では、アーモンドやキウイ、豆乳などの大豆製品に多く含まれています。

脂質や炭水化物の多い食品に多く含まれているため、どうしてもカロリーが気になってしまいます。

そんな時には、サプリメントでビタミンEを摂るのがおすすめです。

目次
閉じる