パートナーと一緒に「不妊症外来」「生殖医療外来」を受診しよう!

2018 3/04

不妊症に悩む女性のほとんどが、自分ひとりで悩みを抱えこんでしまいがちです。
しかし、不妊症は夫婦二人の問題です。

「男性不妊」の問題について触れましたが、より妊娠の確立を高めるためには、一人で頑張るのではなく、夫婦二人で妊活に取り組むことが必要です。

目次

一緒に病院を受診してみる

「なかなか妊娠できないけど、何が悪いのかわからない」ときは一人で悩まず、まずは旦那さんやパートナーに相談してみましょう。

正直な不安や焦りを伝え、今後どうしたらいいのか一緒に考えてもらう必要があります。

男性に不妊症の原因がある場合もあり、そうした場合は医師の指導や適切な治療が必要になることがあります。

ここ数年で、「不妊症外来」や「生殖医療外来」を設けている病院が増えています。

大きな大学病院から、個人病院まで、規模は様々ですが、生殖医療の観点から不妊の原因を探ってもらうことは、妊娠のための近道になります。

病院に行くのは恥ずかしいことではありません。

不妊の原因を探るための専門的な検査をしてもえ、妊娠するまでの計画や適切なアドバイスを

もらえるため、たいへんメリットが多いのです。

ぜひ一度二人で受診することをおすすめします。

男性も生活習慣を改善する

男性不妊の原因も、生活習慣によるものが多いです。

そのため、日常的に健康になるための体作りが必要です。

まずは食生活を見直し、高カロリーな食事やお酒の飲みすぎに注意しましょう。

目次
閉じる