不妊症と生理不順の関係とは?(稀発月経、頻発月経、続発性無月経)

2018 3/04

毎月25~38日程度の一定の周期で生理が来るのが正常な状態で、数か月に一回生理が来たり、何か月も来ていないという状態を生理不順といいます。
また、毎月生理があっても、周期が大きくばらつくようであれば、正常な状態ではありません。
逆に、周期が人より多少長めでも、一定の周期できていれば、それは異常ではありません。
生理周期には個人差があり、人より短めまたは長めだとしても、一定の周期が決まっているのであれば安心してください。
25~38日の間に収まっていれば問題はありません。

目次

生理の周期が長すぎる

39~90日未満の周期で生理があるという場合は、「稀発月経」といい、生理前の低温期がずっと続いている状態です。
生理不順といわれる状態の人の多くが、この稀発月経です。
長期間低温期が続いているということは排卵がない可能性が高く、妊娠はまったくできません。

生理の周期が短すぎる

24日以内で生理がきているという場合は、「頻発月経」といい、これも排卵が起こっていないことが多いです。
また、低温期のあとの高温期が短かったりなど、子宮が妊娠できる状態に達していないことが考えられます。

三か月以上生理が来ない

一番深刻なのがこの状態で、「続発性無月経」といいます。
私の知人にもこの状態の人が数人いましたが、中には「もう半年くらい生理がきてない」という人もいました。

こうした深刻な生理不順は現代女性に増えており、将来的に妊娠できる可能性はほかの生理不順の状態の人と比べて低くなります。
排卵障害が引き起こされていることがあるからです。

出産後の女性が母乳を出すために分泌される「プロラクチン」というホルモンが何らかの原因で分泌されてしまっていることや、排卵をさせる卵胞刺激ホルモンの量が低下していることが理由となって、排卵障害が起こります。

また、私の知人の例でもそうでしたが、生理がしばらく来ていないという子たちは皆、同性の目から見ても明らかに「痩せすぎ」でした。

適切な体重を維持できていないことが生理不順を招く要因になることもあるのです。

目次
閉じる