ベーカーズパーセント計算機

アプリの使い方

グラム入力の使い方

レシピをグラムで入力する方法を紹介します。

今回は例として、食パンのレシピを入力していきます。

STEP1: グラム入力タブを選択する

レシピ入力画面で「グラム入力」タブを選択します

STEP2: レシピの粉を入力

レシピに記載されている粉の、粉名とグラム数を入力します

STEP3: レシピの材料を入力

各材料のデフォルトで表示される入力欄は「水」「イースト」「砂糖」「塩」「バター」です。

デフォルト表示される材料以外に入力する場合は「項目追加」ボタンをタップすると入力欄を追加できます。

レシピに記載されている各材料の名前とグラム数を入力していきます

STEP4: 使いたい粉の量を入力

STEP2で入力したレシピの粉の名前が表示されています。

ここに、今回使いたい粉のグラム数を入力します。

レシピでは「強力粉 250g」でしたが、今回は手持ちの粉が少ないという例として 100g にしてみます。

STEP5: 計算結果を確認

「レシピの粉」「レシピの材料」「使いたい粉の量」を入力すると計算が行われます。

計算結果には「粉のグラム数(ベーカーズパーセント)」と「各材料のグラム数(ベーカーズパーセント)」が表示されます。

まずは粉の計算結果からみてみましょう。

粉については、今回は「強力粉」のみを入力したので「強力粉:100g(100%)」となります。

これは「使いたい粉の量」で入力したままの情報ですね。

次に各材料の計算結果です。

使いたい粉の量を基準として、各材料のベーカーズパーセントから必要なグラム数が算出されています。

今回は使いたい粉の量を「強力粉:100g」にしたのでグラム数とベーカーズパーセントが同じ値になりました。

1つピックアップしてみましょう。

計算結果では「生クリーム:20g(20%)」となっていますね。

括弧のパーセントがベーカーズパーセントを表していますから、生クリームのベーカーズパーセントは20%です。

ベーカーズパーセントは粉を基準とした割合なので「強力粉:100g」の20%(5分の1)が生クリームのグラム数となります。

100g × 0.2 = 20g というわけです。

STEP6: レシピを保存

最後に、入力したレシピを保存します。

「レシピ名」と「メモ」の入力欄がありますので、どちらも適宜入力しておきます。

どちらもレシピ一覧画面に表示される項目ですの「レシピ名」には自分が一眼でわかる名前をつけておきましょう。

「メモ」にはレシピの材料についての備考(イーストの種類や、小麦粉のブランド名など)を書いておきましょう。

最後に「レシピを保存する」ボタンをタップすると保存が行われます。

保存しておけばレシピ一覧画面に登録したレシピが表示されるようになります。

レシピ一覧からレシピを選択すれば、レシピは入力済みの状態で計算フォームが表示されます。

あとは、「使いたい粉の量」だけを変更すれば分量変更の計算が済みます。

ベーカーズパーセント入力の使い方

ベーカーズパーセントの入力は、グラム入力の場合とほとんど違いはありません

基本的には、入力欄は同じでグラム数を入力するかベーカーズパーセントを入力するかの違いしかありません。

同じような手順を書いても無益ですので、ベーカーズパーセント入力の注意点を記しておきます。

では、まずはベーカーズパーセント入力するために「BP入力」のタブをタップします。

BPはベーカーズパーセントの略ですね。

レシピの粉のベーカーズパーセントの合計は100%にする

ベーカーズパーセントは粉を基準とした割合ですので、粉のベーカーズパーセントは必ず100%でなければなりません。

例えば、レシピの粉に2つの粉を入力してみましょう。

「リスドォル:70%」と「レジャンデール:30%」を入力すると「粉の合計BP」という項目が100%になっていることがわかります。

ここで、入力ミスして合計が100%になっていない場合は、「粉の合計BP」が赤文字で表示されます。

ベーカーズパーセント入力の時は「粉の合計BP」が100%になっていること確認するようにしましょう。

使いたい粉の量はグラム数を入力する

ベーカーズパーセント入力といいつつも「使いたい粉の量」だけはグラム数を入力してください。

そもそもベーカーズパーセントは粉を基準とすることで、粉のグラム数さえ指定すれば各材料のグラム数も自ずと判明するという仕組みですので、粉はグラム数で入力しましょう。

あとはグラム入力の場合と同じように計算結果が表示されます。